皆さんはイベントナンパというものを知っているでしょうか。イベントナンパというのは、お祭りや学園祭などのイベントで行う形のナンパです。イベントナンパと一口にいっても色々ありますが、やり方や意識としてはほぼ共通しているのが実際のところです。
 
この記事では、イベントナンパについて特徴やメリットを紹介します。もしもイベントナンパに興味を持っていたり、やってみたいと思っている方がいれば、是非読んでみてください。
 
 

イベントの種類

 
イベントナンパといっても世の中には様々なイベントがあります。ここではイメージがつきやすくなるようにいくつか代表的なものを紹介します。
 
まずイベントナンパとして最もポピュラーな場所は大学の学祭でしょう。大学の学祭は、大学生でなくても参加が自由にでき、解放されているのが特徴です。また大きな大学となると歩けないくらい多くの人が訪れ賑わいます。ターゲットが多いこととと、またお金がかからないことが学祭のメリットでしょう。
 
学祭の次にポピュラーなのは、夏祭り系のイベントです。夏祭りでは、女性が浴衣が来たりするので、視覚的にもテンションが上がるのではないでしょうか。また、近頃は納涼船などもかなり流行っているため、ナンパスポットとして有名になって来ています。
 
 

基本はコンビナンパが有利

 
イベントナンパではコンビナンパが有利です。コンビナンパとは、1人でナンパするのではなく、友人などとペアを混んで2人でナンパすることです。
 
というのも、イベントに1人で来る女性はいません。誰かしらと、集団で来ることがほとんどなのは理解できると思います。そんなところに1人で立ち向かうことはできなくはないですが、難易度が高いです。それに、その日のうちにゲットすることを考えるのであれば、やはり数を合わせるのが最も簡単です。
 
だから、イベントナンパでは基本的に誰かとコンビを組んでナンパをすることがポイントです。コンビナンパはもちろんナンパ友達がいないとできませんが、2人で励ましあいながら行うナンパは1人よりも楽しいし、心が折れにくくなります。
 
 

場所を変えなければならない面倒臭さ

 
イベントナンパというのは当然、イベントがある場所へ足を運ばなければ始まりません。これがイベントナンパのデメリットです。
 
いつも決まった場所でナンパできるわけではないので、交通費や移動時間が発生します。また、場所によっては自宅へ連れ込むことが難しくなるので、難易度が上がることもあるかもしれません。
 
しかし逆に考えれば、毎回新しい場所でできるので、飽きずに楽しめるというメリットもあります。ナンパを退屈に感じてしまう人は、毎回違う場所で、友達とできるイベントナンパは魅力かもしれません。