皆さんはナンパをしたことがありますか?ナンパとは、男が理想的な女性と出会うための一つの手段です。合コンやコミュニティ恋愛のように、その場その場の同じメンバー同士からスタートするのではなく、分け隔てなく誰にでも話しかけられるようとするのがナンパです。ナンパは昔からある出会いの手法ですが、ナンパの場所や種類は時代と共に多様化しました。
 
この記事では、ナンパに興味のある方や、ナンパをやってみたいと言う方に向けて、どういったナンパをすべきなのか、種類や選び方をお伝えします。
 
 

出会いがないならナンパしよう

 
もうナンパをすると決めている人は飛ばしてもらって構いません。このパートは、ナンパをやろうかまだ迷っている人や、踏ん切りがつかない人に向けて書いています。
 
皆さんは異性とどのように出会うのが普通だと考えているでしょうか。合コンでしょうか?友達の紹介でしょうか?おそらく多くの人にとってはこれらが一般的でしょう。ナンパをしようとする人は少ない方なのではないでしょうか。
 
しかし、なぜナンパをしないのでしょうか?これを考えたことがありますか。誰でも道ですれ違った人などに、「かわいいな」「仲良くしたいな」と思ったことはあると思います。しかしその時なぜ声をかけなかったのでしょうか。迷惑だから?ナンパが非常識だから?違います。「自信がないから」なんです。話しかけてもどうせうまくいくわけない、成功するわけない、そう思っているからナンパをしないのです。
 
逆に、もしも話しかけたら絶対に口説き落とせる能力と自信があるならばどうでしょう。あなたは迷わず話しかけるはずです。つまり、ナンパをしない理由はナンパの能力がないからです。ナンパの能力がない理由はナンパをしてこなかったからです。こんなバカらしいことはないでしょう。
 
ナンパが上達すれば世界が広がります。タイプな女性と出会った時の、「あ、声かけたいな。でも自信ないな」と言って声をかけずに終わる、あの時の後悔がなくなります。壁を取っ払って誰にでも自由に声をかけることができるようになります。それだけでナンパは生活を豊かにしてくれると思いませんか?
 
 

自分にあった場所を選ぼう

 
ナンパをやってみようと思った時に、考えることになるのが、「どこでナンパするか」です。ナンパの場所には実に多くの種類があり、正確に分類することはできません。と言うのも男女が存在する場所であれば、どこでもナンパできると言うのが現実だからです。ナンパはそれだけ出会いの場所を広げる概念なのです。
 
しかし、人によってナンパ場所には向き不向きがあります。例えばクラブナンパなどは、踊りや音楽が好きでない人にとっては苦痛でしかないでしょう。ナンパには関係ないところでナンパを嫌いになる程勿体無いことはありません。一方で、体育会系の人などにとっては、クラブナンパは向いている可能性が高いですし、素質があれば他の場所でやるよりもモテるかも知れません。だから、ナンパをどこでやるか、と言うのもナンパを成功させるためにもとても重要なのです。
 
では自分にあったナンパ場所というのはどこで見つければいいのでしょうか。最もオススメなのは、まずやってみることです。実際に、その場所で何週間かナンパを続けてみて、他の場所と比較してみてください。すると、その場所が自分にあっているかどうか、肌で感じることができるはずです。また、ネットには出会いLABのようなナンパブログも存在しています。そういったブログに掲載されている体験談をのぞいてみるのも良いでしょう。ちなみにこのブログでもそれぞれのナンパ場所の特徴やメリットなどを紹介するので、参考にしてみてください。
 
 

まずは飛び出してみよう

 
色々言いましたが最もいけないのが、どこでナンパするか迷ってしまい、なかなか実践に移せないことです。結局ナンパは勇気がいるものです。だから迷っていることを言い訳に、一歩をふみ出せずに終わるという人はよくいます。またこれは自分でも言い訳していることに気づいていないパターンもあります。
 
しかし、そんなことではもちろん何にも成果は得られず、今までと何も変わらない生活が続くだけです。どこでナンパをするか迷っている人に伝えたいのは、「どんなやり方をしても遠回りではないし成長できる」ということです。結局、どこでやっても成長できますし、他の場所のナンパに活かされるのです。ただ、具体的に言うのであれば、ネットナンパという、出会い系アプリを使ったナンパが初心者にオススメです。出会い系アプリのナンパは、他のナンパと違って、ファーストコンタクトをアプリ内でできるため、あまり緊張することがありません。だから、最初はどうしても緊張してしまうナンパを、穏やかな気持ちで行うことができるのです。
 
また、ナンパの種類は様々だと言いましたが、上級者や一流のナンパ師というのは、一通り経験しているのが実際のところです。尻込みすることなく、まずは一つ一つのナンパを実際に試してみることをオススメします。